種類やはたらきが丸わかり! 家族のための乳酸菌大辞典

種類やはたらきが丸わかり!家族のための乳酸菌大辞典 » サーモフィラス菌1131株

サーモフィラス菌1131株

サーモフィラス菌1131株は、ヨーグルト作りに欠かせない乳酸菌のひとつ。明治ではこのサーモフィラス菌1131株とブルガリア菌2038株を組み合わせた「LB81乳酸菌」を用いてヨーグルトを製造しています。このLB81乳酸菌を用いたヨーグルトには、整腸作用や便秘の改善、肌機能の改善など多くの効果が期待されています。この記事では、さまざまな研究報告を用いて、サーモフィラス菌1131株が持つ力について見ていくことにしましょう。

サーモフィラス菌1131株とは

サーモフィラス菌1131株は、明治ブルガリアヨーグルトに含まれる乳酸菌のうちのひとつとして知られています。明治ブルガリアヨーグルトに用いられている「LB81乳酸菌」は、ブルガリア菌2038株とサーモフィラス菌1131株を組み合わせたもの。その名称も、「LB」は乳酸菌を意味する「LacticAcidBacteria」の頭文字、「81」はブルガリア菌2038株とサーモフィラス菌1131株の末尾の数字を組み合わせて付けられたものです。

古来からヨーグルト作りに作られてきた菌

サーモフィラス菌1131株もブルガリア菌2038株も、昔からヨーグルト作りに使われてきた乳酸菌です。このふたつを乳に混合接種すると、まずサーモフィラス菌が乳の中のアミノ酸やペプチドを利用して増殖し、ブルガリア菌が育つために必要な「ギ酸」と呼ばれるものを作り出します。ブルガリア菌はサーモフィラス菌が作り出したギ酸を取り込んで増殖し、さらにサーモフィラス菌が増殖するために必要なアミノ酸やペプチドを作り出します。

このような相乗効果により乳酸を多く作り出し、短い時間でヨーグルトを作り出すことが可能になります。

サーモフィラス菌1131株の効果に関する研究

ブルガリア菌2038株とサーモフィラス菌1131株を組み合わせた「LB81乳酸菌」は、腸内細菌の悪玉菌を減少させ、善玉菌を増加させるなど、多くの効果が期待されています。世界中でLB81乳酸菌に関する研究が多く行われているので、その研究内容のいくつかをご紹介します。

腸のバリア機能を高める機能

サーモフィラス菌1131株を含むLB81乳酸菌は、腸のバリア機能を高めてくれる「抗菌ペプチド」の発現を高めることが確認されています。加齢による腸の機能低下やバランスの悪い食生活、過労やストレスにより大きな負担がかかることでバリア機能が低下し、病原菌や有害物質の影響を受けやすくなります。このバリア機能を高めるために重要な物質が「抗菌ペプチド」と呼ばれるものです。

研究では、LB81乳酸菌を使ったヨーグルトを与えた老齢マウスと、与えていない老齢マウス、さらに若いマウスの抗菌ペプチドの発現を比較しています。

LB81乳酸菌を使用したヨーグルトを投与した加齢マウスと与えていない加齢マウス、さらに若齢マウスの抗菌ペプチド発現を比較したところ、特にReg3b(ベータ)とReg3g(ガンマ)の発現に好影響があることがわかりました。このうちReg3bの発現をおさえたマウスでは、大腸炎がひどくなり治りづらくなったという論文も発表されているため、このReg3bは大腸における炎症に非常に重要な抗菌ペプチドである可能性があります。

引用元:株式会社明治 「乳酸菌研究最前線 LB81乳酸菌の新たな可能性」

この研究データから、LB81乳酸菌はさまざまな要因によりダメージを受けてしまった腸の上皮細胞に働きかけることで抗菌ペプチドの発現を促進し、腸のバリア機能を維持できると期待されています。

腸内の免疫細胞に働きかける機能

腸内のバリア機能とともに、LB81乳酸菌は腸内の免疫細胞に働きかけるとも言われています。

研究の結果、LB81乳酸菌の新たな働きとして、腸内フローラだけでなく、腸の内側にいる免疫細胞にも働きかけていることが示されました。LB 81乳酸菌の働きで免疫細胞の恒常性がうまく保たれることで、様々な健康への働きが期待されます。

引用元:株式会社明治 「乳酸菌研究最前線 LB81乳酸菌の新たな可能性」

人間の腸内には、善玉菌や悪玉菌、日和見菌が存在しており、この3つのバランスが保たれた状態が「良い腸の状態」と言われています。このバランスを保てなくなると免疫力が低下し、さまざまな病気にかかりやすくなってしまいます。

上記の研究結果では、サーモフィラス菌1131株を含むLB81乳酸菌の摂取が腸内細菌だけでなく、免疫細胞にも直接働きかけることができる可能性が示唆されています。

皮膚機能改善に関する研究

また、LB81乳酸菌を使用したヨーグルトを用いて、皮膚機能の改善効果についての検証も行われています。

対象としたのは排便回数が週4回以下の慢性便秘であり、皮膚の乾燥を自覚している20歳から39歳までの女性56名。この対象者をヨーグルトを摂取するグループと、コラーゲンペプチドとセラミドを添加したヨーグルトを摂取するグループに分け、4週間後にアンケート調査と皮膚機能の評価(弾力性・キメの密度・皮膚科専門医による評価)を行いました。

弾力性については,ヨーグルト摂取群では摂取前後の比較で有意(p < 0.05)な改善が認められた.CP・CE含有ヨーグルト摂取群においては,摂取前後の比較で改善傾向(p=0.075)が認められた.キメ密度については,CP・CE 含有ヨーグルト摂取群のみ,摂取前後の比較で有意(p < 0.05)な改善効果が認められた.

引用元:伊澤佳久平,野間 晃幸,山本 昌志,木村 勝紀,伊藤 裕之,竹友 直生,沼野 香世子,川島 眞「LB81 乳酸菌を使用したヨーグルトの皮膚機能改善効果に関する検証」(pdf)

また、皮膚科専門医による調査で、ヨーグルトを摂取したグループとコラーゲンペプチドとセラミドを添加したヨーグルトを摂取したグループで摂取前後の比較を行ったところ、どちらも有意な改善が認められたとしています。

これら調査における皮膚状態の改善には、ヨーグルトの摂取による便秘の改善が大きく関係しているのではないかと言われています。便秘によって腸内環境が悪化することで、結果的に皮膚機能を悪化させるという考えから、ヨーグルトが持つ整腸作用が肌環境も改善する有効な手段のひとつとして期待されているのです。

自分とサーモフィラス菌1131株との相性は?

どんなに素晴らしい効果が報告されている菌であっても、それが誰にでも効くというわけではありません。菌と腸内環境には相性があり、自分の腸に合っていない菌を摂取しても、あまり意味がないのです。

もちろん、ここで紹介したサーモフィラス菌1131株についても同様で、この菌が合うかどうかは、実際に摂取してみて、自分の体調の変化を確認してみるしかないのが現状です。

世の中に存在する乳酸菌・ビフィズス菌には数えきれないほどの種類があり、商品化されているものだけでも膨大な数があります。そのため、自分と相性の良い菌を見付けるためには、それなりの覚悟をもって、根気よく挑まなくてはなりません。

しかし、自分にピッタリの菌を見付けるのは、それだけの価値があること。一生をかけて、理想の乳酸菌を追求し続けるくらいの気持ちで挑むことが大切です。摂取せずにどんな菌が合いそうか、なんて考えても意味はないので、まずはどんな菌があるのかを知り、興味のあるものから順にかたっぱしから試していきましょう。

他にはどんな乳酸菌があるの?
あらゆる種類の乳酸菌をチェック

手っ取り早く乳酸菌の効果を実感したい人には

ただし、一部には例外といえる成分もあります。たとえば「乳酸菌生成エキス」という成分は、最初から自分が持っている乳酸菌を育てるためのものです。

そもそも乳酸菌を摂取するのは、自分の腸内で善玉菌を増やして腸内環境を整えることが目的。つまりこの成分を摂れば、自分にピッタリの乳酸菌を摂取するのと同様の効果が得られるというわけです。菌との相性を気にする必要がないため、手っ取り早く健康になりたいという方は、こういった成分を探した方が良いかもしれません。

【成分別】
おすすめの
乳酸菌サプリ特集
をチェック

サーモフィラス菌1131株の歴史

古くからヨーグルト作りに用いられていたサーモフィラス菌1131株。1980年代に入ると食生活と健康の関連性に注目が集まるようになり、ヨーグルトが体に良い影響を与えるという認識が世間に広まりました。

そこで1993年に明治がブルガリア2038株と組み合わせたLB81乳酸菌を用いたヨーグルトを販売。その後もさまざまな研究が行われ、整腸作用や便秘改善、肌状態の改善など、多くの効果について報告されてきました。

サーモフィラス菌1131株の商品展開

現在、サーモフィラス菌1131株を使用している商品には、冒頭でも名前を挙げている「明治ブルガリアヨーグルト」があります。1970年代に販売開始された明治のヨーグルトは、もともとサーモフィラス菌1131株は含まれていませんでしたが、1993年のリニューアルの際、サーモフィラス菌1131株を含むLB81を用いることとなり、商品名も「明治ブルガリアヨーグルトLB81」となりました。

なお、1996年に「明治ブルガリアヨーグルトLB81」は特定保健用食品の表示許可を取得。1日100g以上摂取することで腸内細菌のバランスを改善し、お腹の調子を良好に保つ効果が得られると科学的に証明されています。

参照元

  1. 株式会社明治「明治ブルガリアヨーグルト」(https://www.meijibulgariayogurt.com/about/yogurtbook.html
  2. 堀内 啓史「ヨーグルト脱酸素発酵技術の開発」(https://www.sbj.or.jp/wp-content/uploads/file/sbj/8811_tokushu_2-1.pdf[pdf]
  3. 株式会社明治「乳酸菌研究最前線 LB81乳酸菌の新たな可能性」(https://www.meiji.co.jp/yogurtlibrary/laboratory/report/lb81/03/
  4. 伊澤佳久平,野間 晃幸,山本 昌志,木村 勝紀,伊藤 裕之,竹友 直生,沼野 香世子,川島 眞「LB81 乳酸菌を使用したヨーグルトの皮膚機能改善効果に関する検証」(https://www.jstage.jst.go.jp/article/jim/22/1/22_1_1/_pdf/-char/ja(pdf)

乳酸菌の選び方

自分に一番合った乳酸菌はどれ?乳酸菌の選び方を伝授します!

有害菌をブロック&自分の乳酸菌を育む乳酸菌生成エキスとは

管理人:蝶野ハナ

蝶野ハナ

乳酸菌と人との関係、菌株ひとつひとつの個性、数多くの研究データ……乳酸菌って、知れば知るほどスゴいんです。私たちにとって最も身近な細菌について、もっともっと深く知りたくないですか?